リンカーンナビゲーターに乗ろうかな?

とか

リンカーンナビゲータに乗りたいな

って思っていて、やっぱり考えることの一つに

 

リンカーンナビゲーターはどのくらい
故障するのか?

って事はあると思います。

 

また、

 

リンカーンナビゲーターが故障するとしたらどこが多いか?

 

ってことになるかと思いますが、こちらの記事では、

リンカーンナビゲーターの中で、故障するとすれば
どこが多いか?って事を書いていこうと思います。

リンカーンナビゲーターは故障するのか?は
(⇒こちらの記事をご覧ください。)

リンカーンナビゲーターで故障の多い箇所、エアサス

リンカーンナビゲーターで代表的な故障個所と言えば、
まずはやはり、エアサスですね。

 

エアサスは、リンカーンナビゲーターが高級車のSUVたる
最大の特徴の一つでもあって、本来乗り心地の硬いSUVを
高級乗用車らしくソフトな乗り心地にするために、どうしても
必要なサスペンションだったのでしょうね。

 

SUVならではのごつさとか強靭さと、相反する、リンカーン
ならではの高級車としての乗り心地を実現するためにはエアサス
を採用するというのは、合理的な判断だと思います。

 

しかし、このエアサス。

 

新車の内はまだ良いのですが、
もともと金属バネのサスペンションに比べて、部品点数も多く
複雑な作りとなるため、どうしても故障が多いわけですよね。

 

基本的にサスペンション部分が高圧の空気によって保たれてい
るため、ちょうど、足回りに風船が入っているような物ですので、
長期的にみるといくら堅牢なアメリカ車のSUVとはいっても

距離数が増えてきたり、長年のストレスから経年変化で色々な
箇所でエアサスのパーツに不具合がでるのは当然かな?
と思います。

 

エアサスのトラブルが面倒くさい人には、普通の車と同じく、金属バネ
にコンバートできるキットも売っていますので、そちらに交換するの
も手です。

 

日本でもこのコンバージョンキットはアメリカから多くの業者が
輸入していますし、アメ車専門店等で取付も行っています。

 

特に初代、2世代目のナビゲーターのエアサスは結構な確率で
故障するみたいなので、エアサスに拘らなければ、バネサスに変更済みの
車を探すのも手だと思います。

電動リアゲート、電動ランニングボードの故障

こちらも、高級SUVのリンカーンナビゲーターならではの部分
ですが、ナビゲーターのリアゲートって電動で開閉できるスグレモノなのです。

 

沢山買い物をしたときに両手がふさがっていたとか、雨で傘をさしている
状態で、リアゲートの開閉をする際に、手に持っている荷物どうすんだ?

とかいう事って結構あるかと思います。

 

特に雨の時なんか、自分もありますが、濡れた床に傘とか、買い物を
もちろん置きたくもない、しかし、リアゲートを開けるのに一度どちらかを
置かないと開けられない…

という場合などに、大変重宝します。

 

リモコンスイッチでリアゲートを開け閉めできるのです。

 

こういうところって実用性重視のアメリカ製のSUVならでは
だなぁ~って感心するところですよね。

 

最近はメルセデス・ベンツとか、ドイツ車で、足をゲート下でキックする
事で開閉できるリアゲートなんかもありますが、ナビゲーターは
この電動リアゲート。2003年から採用しています。

 

で、割とこの便利な電動リアゲート(パワーリフトゲート)の故障が
あるんだそうで…。

 

しかも、この電動リアゲート。ややこしいことに
制御するコンピューターが、これまたナビゲーターの
トラブル頻発部分となる、パワーランニングボード(電動のサイドステップ)
の制御も兼ねているっていうわけで

 

リアゲートの不具合があると、場合によってはサイドステップも
動かないっていう状況が結構あるようです。

 

この電動のサイドステップも、リンカーンナビゲーターならではの
親切装備なんですけどねぇ…(笑)

 

背の高いSUVに乗り居りする際に、サイドステップはあった方が良いのですが
走行中に横に出ているとなんか、かっこ悪いし、オフロードでの走破性にも
若干影響がある(?)邪魔になる??
ので、格納できることにこしたことはないのですが、

 

ナビゲータ意外だとキャデラックのエスカレードも装着されているんですけど。

 

こういう気の利く装備品は、モーターだったり、センサーだったり
電装部品をたくさん使ってますので、車が古くなって来たり、しますと
やはり、故障の原因にはなります。

 

しかし、そこの制御を同じコンピューターが担っている
という、ある意味合理的なつくりのナビゲーターさん。

 

故障するときはいっぺんに動かなくなることを
覚悟しないと

いけないかもしれません。

リンカーンナビゲーターはやっぱり電気系は弱い?

他に、いろいろ調べてみてもやはり、多いのは電気回り
のトラブルがあるようですよね。

 

まぁ、これはリンカーンナビゲーターに限った事ではなくて
アメリカ車全般というか、ドイツ車等ヨーロッパの車を含めた
輸入車全般に言えることだと思うのですが

 

とにかく、日本の高温多湿で、渋滞の多い道路事情は
車にとってはかなり過酷。

という事です。

 

トヨタをはじめとした日本車は、この日本の道路事情と、世界で
最も細かくてうるさい顧客である日本人に鍛えられて、その品質は
故障しないという意味においては間違いなく世界で1番だと思います。

 

まぁ、リンカーンナビゲーターも外車の例にもれず
電気回り、コンピューターや、センサーの故障。

 

豪華装備を動かすためのモーターなどが結構故障して
その診断をするためには、フォード、リンカーン用の専用
テスターが必要など、

日本で乗るにはちょっと覚悟も必要かと思いますね。

 

トヨタのランクルとかプラドとかを乗る感覚では乗れない
とは思います。

 

他にも特に中古並行で日本に入ってきた車は要注意です。
(⇒リンカーンナビゲータの中古並行車についてはこちらの記事)

 

まぁ~かなりの確率で
その走行距離はあてになりません。

 

アメリカ車は、エンジン本体など、基本部分は堅牢かつシンプルに
つくられているのですが、例えばオルタネーターなど、補機の部分
等は日本車よりも短いサイクルで交換時期がやってきます。

 

基本的に何でも自己責任のアメリカ文化ですので、
車もある程度の部分は自分で自宅のガレージでオーナー自ら
メンテナンス出来るように作ってあります。

 

例えば内貼りなんかもそうですが、アメリカ車って
日本車等と比べても、シンプルにできているので、ある程度
メカニカル的な部分に興味が有ったら、自分でメンテナンス
してみても良いと思います。

 

ちなみに、工具は日本等のミリ工具ではなくて
インチサイズが必要になりますので、一通りインチサイズの
工具を揃えたほうが良いと思います!

 

Related Post