アメ車の大型SUVの中でも、ゴージャスで都会的な
リンカーンナビゲーターが、めちゃくちゃカッコいい!

 

欲しくなって色々調べていると、気を付けたい情報がいくつ
か出てきます。

 

実際にアメ車に乗っている人も気になる情報の中に
アメ車は故障するってのがあるかと思います。

 

そこで、リンカーンナビゲーターは壊れやすいのか?
ちょっと調べてみました。

 

リンカーンナビゲーターによくある故障箇所は?意外な事実

 

リンカーンナビゲーターが他の車に比べて故障する
箇所というのは、調べてみると、ある事実がわかってきました。

 

というのは

 

リンカーンナビゲーターのそもそもの成り立ちが
関連しています。

 

ナビゲーターの初代がデビューしたのは
1998年ですが、ナビゲーターってアメリカ車の中でも
その後の流れを変えた1台でもあるんですね。

 

ナビゲーターがデビューするまでは、アメリカの大型
SUVはどちらかというと、実用的で、ピックアップ
トラックのシャーシにワゴンボディーを載せたような
車が多かったんです。

 

シボレーのブレイザーにしても、サバーバンにしても
フォードのエスカージョンやエクスペディションにても

 

みんなそうだったわけです。

リンカーンナビゲーターは高級SUVブームの火付け役

 

前置きがながくなりましたが、そんなアメリカの
SUVの中において、乗用車並みの高級装備と
乗り心地。

 

トラック並の強靭なシャーシと耐久性を兼ね備えた
車として1998年にデビューしたのがリンカーンナビゲーター
でした。

 

初代のナビゲーターは今までに無いジャンルの上、
大型のピックアップやSUVがとても売れているアメリカでは

 

カッコいい車として、一般人だけでなくセレブやお金持ち
にも愛されて大ヒット。あっというまに高級車の
1ジャンルとして定着したんですね。

 

これでライバルのキャデラックも黙ってみていられない
状況になって、キャデラックはナビゲーターの最大の
ライバルであるエスカレードをデビューさせ、

 

こちらも大ヒットしてガンガン売れました。

 

そこで、故障の話に戻るのですが…

リンカーンナビゲーターは高級車としての電動装備が壊れやすい

 

もともとアメリカの過酷な使用環境に耐えうる、
強靭な車体設計がなされているリンカーンナビゲーター
なので、基本的なつくりは丈夫なんですね。

しかし、この大型SUVとしての丈夫さと、快適な
乗り心地という相反する性質の乗り心地を実現するため、

 

ナビゲーターはサスペンションに通常の金属バネでは
無く、エアーサスペンションを使っているのですが、

 

このエアサスが良く壊れてしまうそうです…

 

このエアサスの故障はリンカーンナビゲーター乗り
の人ならみんな知っている部分かと思いますが、

 

エアサスって、簡単に言うと車の車体と
車輪の間のサスペンション部分に、通常だと、金属性の
バネが入っていて乗り心地や、車を支える役割をして
いるわけですが、ここに丈夫な風船のような物
(ちょっと違うか…)

 

つまりエアバッグを挟み込んで、乗り心地の改善や
車高の調整を行うことが出来る、画期的な
サスペンションシステムというわけですね。

 

ナビゲーターのエアサスは画期的ですが、それゆえ…

SUVの車種でありながら、高級セダンのような
ソフトな乗り心地。

 

さらに車高調整が出来、一定の車高を保つことが
できるエアサスは、荷物の多い少ないによって
車高変化がある、大型のSUVにはうってつけの仕組み
ですね。

 

しかし、この便利なエアサスは高圧がかかった空気を
エアバックの中に押し込むことによって保持されているため

 

エアサスの構成部品は常に高圧のエアーのプレッシャー
に晒されているために、年数が経ってくると、当然
配管やら、各部の部品のつなぎ目からエアーが漏れて
しまったりするんですよね。

 

また、このエアサスの車高を一定に保つシステムや、
乗り心地をコントロールするためのシステムは

 

コンプレッサー部分やサスペンション部分にも
たくさんのセンサーやコンピューターを取り付けて
制御しているため、

 

このあたりの電気系統の部品の劣化から、車高を
一定に保てなくなったりしてしまうわけですねぇ。

 

⇒リンカーンナビゲーターのエアサス問題を解決する方法はこちら

なるほど…ではリンカーンナビゲーターは故障はどうなん?

で、まぁ特に初代と2世代目のナビゲーター
に関しては車の性質や年数が経過しているので

 

メンテナンスがしっかりされていなかったり
走行距離が結構走っている車にかんしては、

 

このエアサスの故障事例っていのが一番多いのでは
無いかと思います。

 

他にも高級SUVとして、リンカーンならではの
装備の部分例えばパワーランニングボードとか
電動リアゲートとかは故障するようですねぇ。

 

 

まぁ、リンカーンナビゲーターに限らず。
高級車ほど、古くなると故障する箇所が多いのは
間違いないです。

 

ちなみに、エアサスの不調は放置してはいけません。

最悪走行不能になってしまいますよ!

 

最初はそのかっこいいスタイリングやラグジュアリー感に
惚れ込んで購入したリンカーンナビゲーターでも、故障が続くと

 

ちょっと乗り換えたいよなぁ…

 

なんて気持ちが出てくるのは正直なところ。

リンカーンナビゲーターの故障が多くて、嫌気がさした方に…

また、リンカーンナビゲーターやアメ車のSUVに乗っているんだけど、
故障が多くてそろそろ乗り換えたいよな…

 

っていうかたとか、大型のSUVじゃなくて、もっと小さな車に
乗り換えたい!

っていうかたにも良いお知らせがあります。

それは…

 

値段だけでも、一度ご自身の愛車がいくらになるのか、
確認をしておく

ということです。

今、自分の車がいくらになるか、知る事ができれば
その後の乗り換えもスムーズに予定がたてられますよね!

 

自分の車が今いくらなのか?
調べてみるだけでも良いかと思いますよ!

 

Related Post